アイアン家具 テーブル

無垢の質感を楽しめるアイアンローテーブル特集

投稿日:

アイアンローテーブル特集

最近、アイアンを使った家具が大変人気となっていますので、広いリビングや一人暮らしの家で使いたい「アイアンローテーブル」を紹介してみたいと思います。

重厚感のあるテーブルから、気軽に使えるかわいいデザインのローテーブルまで、様々なデザインのアイアンローテーブルを集めてみました!

無垢材とアイアンを組み合わせたローテーブルを探している人は是非参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

無垢の質感を楽しめるアイアンローテーブル【7選】

Dichotomic ディコトミック 無垢古材 フラスタムローテーブル

Small「幅80×奥行50×高さ35.5cm」
Medium「幅100×奥行50×高さ35.5cm」
立体ローテーブル

アイアン×古材の家具を製作している「Dichotomic / ディコトミック」のすっきりとしたローテーブル。

古材天板にアイアンを組み合わせているにもかかわらず、スリムなフレームでコンパクトにまとめられているため、余分な圧迫感もなく、ソファとテレビボードの間に置いても足下に十分な余裕が生まれます。

ローテーブルとしてちょうど良いサイズ感なので、こじんまりとしたリビングやお部屋にぴったりだと思います。

Lアングル アイアンフレームローテーブル

「幅71×奥行41×高さ34cm」
「幅71×奥行41×高さ41cm」
「幅90×奥行45.5×高さ40cm」
「幅125.5×奥行45.5×高さ40cm」
シンプルなアイアンフレームローテーブル

「パイン無垢材」を使った、2段のローテーブルです。

どこかへ持ち出す際、アイアン部まで分解することができるので、家での使用はもちろん、ディスプレイ用の店舗什器としても活用しやすくなっています。

ただ、細長い板をアイアンフレームに並べて乗せていくタイプなので、どうしてもできてしまう板間の隙間が気になる方は注意が必要です。

※分解作業自体は簡単で、プラスドライバーが1本あれば可能となっています。

Dichotomic ディコトミック 無垢古材 ローダーレッグリビングローテーブル

「幅100~240×奥行60~90×高さ35cm」
アイアン脚ローテーブル

「Dichotomic / ディコトミック」から発売されている、存在感のあるアイアン脚のローテーブル。

まるで戦車のキャタピラのようなデザインのアイアン脚が特徴的で、アイアンならではの存在感を求める人におすすめとなっています。

天板に使用しているのは、建築現場などで使用されていた「無垢杉古材」。新しい木材では決して出すことが出来ない、深い色味と風合いが特徴的です。

職人がすべて手作業で製作しているということだけあって、木のぬくもりを生かした綺麗な仕上がりとなっています。

本格的なアイアン家具を求めるなら間違いなくおすすめしたいローテーブルとなっています。

RENOKA アイアン脚ローテーブル ヒノキ無垢天板

「幅156.5×奥行39×高さ34cm」
古材を使ったアイアン脚ローテーブル

古い年代物の家具を修復し、再利用する「RENOKA / レノカ」のローテーブルです。

元は古道具と言えども、脚部分に関しては元の鉄パイプではなく、オリジナルの新しい鉄棒を使用しているので、見た目以上に安定感があります。

製品自体が昭和期に作られたかなり古いもののため、和風テイストなアンティーク品が好きな方におすすめです。

また、天板幅が長いため、広く使えて便利かと思います。

国産オーク無垢材 アイアン脚ローテーブル

「幅90×奥行50×高さ36cm」
国産のアイアンテーブル

木目のシンプルな「国産オーク無垢材」を使っています。

テーブルデザインもとてもシンプルなので、シンプル・スタンダードを基調とする部屋や、ナチュラル家具との相性を重視する方におすすめです。

また、比較的安価で、脚の取り外しも可能となっており、さらに肌に優しく臭いの少ない蜜蝋ワックスで仕上げている点も好感が持てます。

d-Bodhi ディーボディ ヴィンテージコーヒーテーブル

Small「幅100×奥行50×高さ38cm」
Large「幅120×奥行70×高さ36cm」
40~50年前の古材を使用したローテーブル

チークを多用した家具を扱うブランド「d-Bodhi / ディーボディ」から販売されている、「チーク古材」を使ったコーヒーテーブル。

天板に使用しているのは40~50年前にボートから取り出された"チーク材"で、小さな板を何枚も繋いで製作しています。そのため、同じモノが2つとして手に入りません。

そして、フレーム部分にアイアンを使用することで、インダストリアルなテイストを生かした仕上がりにしています。

唯一無二のデザインとなりますが、購入して手元に届くまでデザインがわからないため、本当に古材が好きな人だけにおすすめしたいローテーブルです。

ブラックアイアンローテーブル オーク材

「幅90×奥行44.5×高さ35.5cm」
ブラックアイアンが特徴的なローテーブル

天板に「無垢オーク材」を使った重厚感のある小綺麗なローテーブルです。

存在感をしっかり保ちながらも、無駄な装飾は一切ありませんので、すんなりとブルックリン・インダストリアルな雰囲気に合わせやすくなっています。

また、天然オイル塗装なので、肌が弱い方や子供でも安心して使えるのも嬉しいポイントです。

その他オーダー製作にも対応しており、お好みのサイズがなかなか見つからないという方におすすめです。

まとめ

「アイアンローテーブル」というカテゴリーだけでも形状や素材、色など、それぞれに個性のあるテーブルが多く販売されています。

アイアンローテーブルは主張の強いテーブルに仕上がる傾向にあるため、一人暮らしというよりは"広いリビング空間"などで使用すると、空間と色味のバランスをとることができます。

逆に狭い空間で使用すると、圧迫感を感じることもあるので部屋の色味や空間に合わせて選んでみてください。

AD

スポンサーリンク
 

-アイアン家具, テーブル

Copyright© Interior * All Design Project , 2018 AllRights Reserved.