テーブル

本物の古材を使ったヴィンテージローテーブル特集

投稿日:2017年12月7日 更新日:

古材ローテーブル特集

今回は、「本物の古材を使ったオシャレなヴィンテージローテーブル」をご紹介したいと思います。

ここでは「古材風」ではなく、「本物の古材」を使ったローテーブルだけを厳選して紹介しているので、本物にしか出すことができない深い風合いを楽しむことができます。

リビングの中心となるテーブルだからこそ、是非とも本物にこだわってみてください。

 

スポンサーリンク

本物の古材を使ったオシャレなヴィンテージローテーブル特集

ACME Furniture アクメファニチャー TROY トロイ

箱っぽいローテーブル

無塗装の「チーク古材」を使った箱型のローテーブルです。

箱型と言っても本体の前後は塞がれていないので、内部を雑誌やリモコン置き場といった収納テレビボードとしても使うことができます。

また、表面は「パーケットフローリング」のようなデザインで、更に無塗装のため、世界三大銘木の素材感が活かされた仕上がりとなっています。

シャビーシックで大人っぽい雰囲気のお部屋にいかがでしょうか。

 

CRASH GATE クラッシュゲート BINGO ビンゴ

チェス風のローテーブル

まるでチェスの盤のようなデザインの天板がおしゃれなカフェ風コーヒーテーブルです。

天板には「ニレ古材」を、脚部分は黒いスチール脚のように見えますが、光沢のある「オーク材」を使用しています。

天板は同じニレでも色合いの異なるものを組み合わせることで、非常に独特な模様に仕上げています。

アンティークでレトロなデザイナーズローテーブルです。

 

Dichotomic ディコトミック 無垢古材 ローダーレッグローテーブル

オリジナル脚のローテーブル

天板に「杉無垢古材」を使用し、キャタピラのような鉄脚が特徴的な重厚感のあるローテーブルです。

この杉古材は、使用済みの足場板を再利用したもので、傷やシミといった古材の個性的な表情が楽しめます。

表面は職人の手作業でしっかりとやすりで磨き上げられ、撥水効果のあるワックスで仕上げているため、木材の持つ個性が存分に引き出されています。

脚にもウレタン塗装が施されており、安定性・存在感共に抜群なので、ヴィンテージ感のあるメンズライクなローテーブルとしておすすめです。

 

KENAS ケナス PATRICK パトリック

脚の白いローテーブル

板を編み込んだようなデザインの天板とアイアンを組み合わせたコーヒーテーブルです。

天板には、使い込まれた味わい深い風合いの「オーク古材」を使用。ナチュラルな印象の強いオークが落ち着いた色に変化しています。

また、テーブル脚に使用されているアイアンは、古材のブラウンとのコントラストを楽しめるように清潔感のある「ホワイト塗装」で仕上げられているため、素材に古材を用いながらも、爽やかな印象を感じることができるスタイリッシュなデザインに仕上がっています。

 

CRASH GATE クラッシュゲート CRITH クリス

変な脚のローテーブル

広いリビングでも存在感を発揮してくれるインパクトが人気なコーヒーテーブルです。

天板は、細やかな古材を張り合わせ、正方形を基調としたデザインとなっていますが、それとは対照的に、脚は幾何学的で不思議な形状となっています。

アンティークとモダンのバランスが程よく取れた「CRASH GATE クラッシュゲート」らしいローテーブルです。

 

Dunk ダンク

車輪の付いたローテーブル

車輪のついたかわいい雰囲気のコーヒーテーブルです。

天板には温かみのある色合いの「パイン古材」を使っており、アイアンキャスターの無骨さを上手く中和しています。

ちなみにこの車輪を転がして実際に移動させることも可能です。

脚が車輪のため、他のものと比べるとどうしても耐荷重量は低めになってしまいますが、素朴でカントリー調のものがお好みの方におすすめです。

 

COASTAL コースタル

引き出しのあるローテーブル

隙間なく「パイン古材板」を張り詰めた、引き出し付きのローテーブルです。

画像では本体に隠れて見えませんが、脚部分は想像以上にがっしりとした作りとなっており、ブルックリンで丈夫な仕上がりとなっています。

本体内部をまるごと収納に充てている引き出しは、前後どちらからでも開け閉め可能なので、実用性も十分です。

スペースを最大限に有効活用できる収納テレビボードとしても活躍してくれそうです。

 

d-Bodhi ディーボディ CELEBES セレベス

豪快なローテーブル

インドネシアで柵や杭などに使われていた「チーク古材」を、大胆に天板としてそのまま使用したローテーブルです。

天板はとても分厚く、節や割れなどもそのまま残されており、お部屋にあるだけで相当な存在感を放ちます。

サイズは様々あり、画像のようにコンパクトなものはウッドベンチとして、大型のものは作業台として使えそうです。

豪快な作りのインテリアがお好みの方におすすめです。

 

d-Bodhi ディーボディ Ferum フェルム

荒いローテーブル

「パーケットフローリング」にエイジング加工を施したような天板が特徴のコーヒーテーブルです。

天板だけでなくアイアン脚についても、フレームを2重にするなど、工夫や個性が表現されています。

基本的なデザインを維持したインダストリアルなローテーブルをお探しの方におすすめです。

 

リビングをオシャレにまとめたい人に使って欲しいローテーブル

古材を使ったおしゃれなローテーブル

「本物の古材を使ったヴィンテージローテーブル特集」はいかがでしたでしょうか。

古材風とは違い、写真ではごまかすことのできない本物の質感は、やはりリビング空間での存在感が違います。

また、古材とはいっても収納など実用性に富んだものや、独特なこだわりのデザインのものと様々なので、部屋のインテリアに合わせて選ぶことができます。

個人的には、古材の風合いを存分に楽しみたいので、敢えてスタンダードなタイプのローテーブルをおすすめしたいですね。

是非、お気に入りのローテーブルをインテリアの主役にして、ヴィンテージ感のあるお部屋を上手に演出してみてください。

AD

スポンサーリンク
 

-テーブル

Copyright© Interior * All Design Project , 2018 AllRights Reserved.