テーブル

【木材の種類別】無垢天板を使ったダイニングテーブル6選

投稿日:

無垢板ダイニングテーブル

無垢材を使ったおしゃれなインテリアが流行っていますが、無垢材の種類についてどれくらいご存知でしょうか。

おしゃれなダイニングテーブルを探していたり興味があっても、特性が分からず迷っている方も多いと思います。

そこで今回は、「無垢天板に使用された木材の種類別ダイニングテーブル」を紹介したいと思います。

テーブル天板の素材の中でも、定番から人気のあるものまでを紹介しているので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

 

人気の無垢天板テーブル|木材別特集6選

無垢杉古材天板

足場板を使った天板

古材と聞くと、古びた印象が強いかと思いますが、一枚一枚を丁寧に加工し直しているので、手触りは他の素材に後れを取ることはありません。

それでいて、古材特有の個性(キズ・シミ・凹み)を殺さず仕上げているため、非常に強い味わい深いヴィンテージ感を楽しむことができます。

アイアン家具との相性抜群な素材です。

 

ウォールナット無垢天板

耳付き

木目が非常に美しく、高級感のある佇まいが特徴です。

世界三大銘木の一つに数えられ、とても人気がありますが、価格は高めとなっています。

頑丈さに定評があり、大人びたブラウン系の家具材として多く出回っている王道の天板無垢素材です。

 

オーク無垢天板

ホワイトオーク無垢

耐久力に富み、北アメリカでの生産が盛んな木材です。

最初は「淡い黄紅系」の色合いですが、経年変化によって深みのある「褐色系」に移り変わっていきます。

また、塗装性に優れるため、綺麗なブラウンでシックな雰囲気に合わせたり、無塗装でナチュラルな雰囲気に合わせたりなど、様々な空間に馴染んでくれます。

 

チーク無垢天板

チークの無垢天板

「ウォールナット」と並んで世界三大銘木とされています。

東南アジアを原産とし、水に強く表面の艶やかな光沢が特徴です。

高級家具に用いられることが多く、非常に高い人気を誇りますが、近年では輸入規制等の影響によって目にすることが減っているようです。

豪勢な「金褐色」で、重厚感のある威容に満ちたおすすめの無垢材です。

 

パイン古材天板

明るい天板

硬質でドライな風合いが持ち味の無垢古材です。

古材のため、ヴィンテージ・シャビーテイストな雰囲気によく合います。

それだけでなく、他古材と比べて明るい色なので、足元のラグやチェアとも合わせやすいかと思います。

 

パイン無垢天板

黄色い無垢材

「あっさりとした黄色系」の色合いが特徴の無垢材です。

色合いは、長期間の使用によって「しっかりとした飴色」へと変化します。

表面にはパイン特有の艶があり、塗装次第でカジュアルからレトロな雰囲気まで対応可能です。

ただ、杉と同様、強度はあまり高いとは言えない点に注意が必要です。

 

まとめ

木材の種類別ダイニングテーブルはいかがでしたでしょうか。

お部屋との相性はもちろんですが、天板と合わせる"脚"とのバランスも重要です。

是非好みの雰囲気に合った風合いの無垢天板を手に入れてください。

AD

スポンサーリンク
 

-テーブル

Copyright© Interior * All Design Project , 2017 AllRights Reserved.